otoiawase
創業35年の実績と安心!刺繍で日本を熱くする!
  • HOME »
  • コストを抑えて

コストを抑えて

はじめに

刺繍コストを抑えたい、かつすぐに刺繍加工に取り掛かりたい方、
当社にそちらから刺繍工賃を提示してください。
他社のお見積りを提示していただいても構いません。他社よりコストを抑える自信が当社にはあります。

なぜ? コストを抑える5つの方法

お客様のご期待にお応しえて、『安心して任せられる』と言われ続けられるよう、
これからも高品質でコストパフォーマンスに優れた企業であり続けます。

なぜ国内生産なのにローコストで高品質の刺繍ができるのか?

  1. 当社の設備

    当社には、国内ミシンメーカータジマ製の20頭工業用ミシンを完備しております。
    こちらのミシンでは、1枚の刺繍を縫い上げるのに同時に20枚刺繍でき、生産性が高いのでコストを抑えられます。

  2. 当社の軌跡と体制

    当社は長年下請けの下請けで刺繍業を営んで参りました。
    その位置にあると、閑散期での影響が一番に反映され、仕事がなく休みにせざるを得ない日もありました。その時代を経験したからこ そ、365日フル稼働の現在があります。
    その時代を経験したからこそ、思考革新につながりました。

  3. 当社の考え方

    当社の考え方は、『低工賃の案件でもお受けする!仕事が続くことに感謝の気持ちを!』です。<>
    会社にとって仕事がないことが一番頭を抱えることです。大切な従業員の生活だけは守りたい。その考え方があるので、当社はコスト面でも納期でも品質でも最高のおもてなしができる企業を目指します。

コストを抑える5つの方法

  1. 基本的に刺繍は縫った針の数。つまり、生地に何回針を刺したかで工賃が決まります。

    したがって、密度を薄くしてシンプルなデザインの方が格安に刺繍できます。

    コストが安い例
    ●安い
    コストがそこそこの例
    ●中間
    コストが高い場合の例
    ●高い

    刺繍をするには、上下の糸を変えたり刺繍枠や刺繍データを変え試し縫いをしたりで、
    時には半日準備でかかってしまうこともあります。
    半日ミシンが止まっているのに人件費は発生しているのと同じことです。
    ですので、数量が多い仕事はおまとめ割として割引することができコスト削減になります。
    ※タオルや、ワッペンなど、違うものに同じ柄を使用する場合、おまとめ割が適用できます。

  2. 刺繍をするには、刺繍データ( パンチ) を作成する必要があります。こちらを作成するのにコストがかかりますが当社所有の刺繍データは無料にて差し上げております。
    絵柄は少なく、英字、漢字、カタカナ、ひらがな、数字が数百種類の中からお選びいただけます。

    当社所有データ・字体はこちら

  3. 数量が少ない+派手な刺繍をコストを抑えてやりたい方!

    そのような方は、横振り刺繍をお勧めしております。
    横振り職人が一枚一枚手で柄を動かして刺繍する技法です。
    すべて職人の手によるものなので、刺繍データの作成が不要です。
    2、3 枚加工であればこちらの方がコストを抑えられます。
    10枚、15枚となると刺繍ミシンの方が安くなってきます。( デザインによる)
    こちらが職人が加工したものです。

    横ぶり刺繍1

    ●デザイン画

    yajirushi
    アパレル-m09

    ●刺繍

  4. お持ちの服をこちらに送っていただければBODY購入料金がなくなるためコストDOWN!
    ユニク○とかで買われて、送って頂ける方が多いです。
    ※刺繍する位置をご指定ください。

まとめ:最安値で刺繍加工するには…

  1. 密度の薄いデザイン
  2. 同じデザインで数量を増やす
  3. 当社所有のデザインを使う
  4. 数枚の場合は横振り職人の手刺繍
  5. 刺繍するものは持ち込み

こちらを実行して頂ければ、かなりの割引となりますので、ぜひ、お問い合わせください。
頭の中のイメージをラフ画にして画像を頂ければこちらでデザインできるものもございます。
当社では、お客様のご要望を最優先に考え刺繍をいたします。
お客様が喜んで頂けるものが出来上がれば、私たちものづくり職人のやりがいと、
喜びへと繋がります。小さなご質問でも丁寧にご回答致します。
ご不明な点がございましたら、お気軽にご連絡ください。

PAGETOP
Copyright © 有限会社福田商店 All Rights Reserved.